鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

仙台うみの杜水族館で360°大パノラマプロジェクションマッピング始まる!

仙台市宮城野区にある仙台うみの杜水族館において「360°大パノラマプロジェクションマッピング」が2017年7月15日より開始されます。映像と、実際にそこで生きる「うみの生きもの」たちとで織りなす、巨大なパノラマ空間がこのたび誕生します。

360°大パノラマプロジェクションマッピングとは

入口からウェルカムホールを通り、マボヤのもりを抜けると思わず目を奪われる、幅14メートル、水深7.5メートルの大水槽「いのちきらめく うみ」を舞台に、巨大水槽を囲む天井、壁面をスクリーンにして、ザトウクジラやヨシキリザメ、イロワケイルカなど5つのシーンで構成された約10分間の映像コンテンツと、本物の生きものたちとで織りなす、新しい感覚の劇場型体験施設です。

仙台うみの杜水族館の巨大水槽「いのちきらめく うみ」

仙台うみの杜水族館の巨大水槽「いのちきらめく うみ」

誰も見たことのない うみの杜、始まる。

見出しの「誰も見たことのない うみの杜、始まる。」は、この360°大パノラマプロジェクションマッピングの宣伝うたい文句です。

他にも、「最新テクノロジーで海に包まれる!「映像」×「音」×「生き物」が織りなす、360°大迫力の世界!」とあり、文字どおり、水族館としての大変な意気込みが感じられます。

内覧会にお邪魔して

先日、関係者を集めての内覧会がありましたのでお邪魔をしてきました。

仙台うみの杜水族館は2015年に開業した、とても新しい水族館です。自身は初めてうみの杜水族館に伺ったのですが、噂どおり綺麗かつ開放感のある水族館でビックリしました。

仙台うみの杜水族館


■住所:宮城県仙台市宮城野区中野4-6

■電話:022-355-2222

■最終入館:通常期 9時~18時 夏期 9時~19時 冬期 9時~17時

※季節により変動あり。

■駐車場:有り(800台)


※仙台うみの杜水族館パンフレットより転載。
※2017年7月14日現在の情報です。

仙台うみの杜水族館の外観

仙台うみの杜水族館の外観

早速、本題のプロジェクションマッピングに参りましょう。実際に見て感じたことは、クジラやイルカたちが所狭しと天井、壁の側面全体に映し出されるその映像の迫力と、実際その場に存在する巨大水槽との調和が実に見事だということ。思わず映像と水槽を交互に見たりして、暫しその美しい世界に没頭してしまいました。

巨大水槽「いのちきらめく うみ」と360°大パノラマプロジェクションマッピング

仙台うみの杜水族館の巨大水槽と360°大パノラマプロジェクションマッピング

360°大パノラマプロジェクションマッピングの水槽側天井部分

仙台うみの杜水族館の360°大パノラマプロジェクションマッピング(水槽側天井部分)

360°大パノラマプロジェクションマッピングの通路側

仙台うみの杜水族館の360°大パノラマプロジェクションマッピング(通路側)

また、忘れてはならないのは「音」。この音に関しても迫力満点でした。5.1chサラウンドシステムを採用との事で、自身が包み込まれるような感覚になり、より一層、美しい映像と音の世界に浸れました。約10分間の映像コンテンツが終了した際には、自身もそうですが、周りからも拍手が湧き上がる程の盛り上がりとなりました。

実は他にもある映像コンテンツ

映像コンテンツは大水槽「いのちきらめく うみ」だけではありません。

ウェルカムホール

入口を入ってすぐのところにあるウェルカムホール。ウェルカムホールではリング状のスクリーンに映像が映し出されており、自分が泳ぎ回っているかの様な疑似遊泳体験が味わえます。

Sparkling of Life & music

先程ご紹介した巨大水槽「いのちきらめく うみ」でおこなわれる映像コンテンツとはまた別なコンテンツです。こちらは、同じ巨大水槽で泳ぐ25,000尾のマイワシが主役です。「いのちきらめく うみ」を舞台に、マイワシの躍動感溢れる群れの泳ぎと、うみの生きものたちが映像とJAZZ音楽で共演する、ダイナミックでプレミアなショーが堪能できます。

巨大水槽「いのちきらめく うみ」でのマイワシの躍動感溢れる群れの泳ぎ

仙台うみの杜水族館の巨大水槽(マイワシの躍動感溢れる群れの泳ぎ)

Sparkling of Life & musicにおいてのプロジェクションマッピング

仙台うみの杜水族館のSparkling of Life & musicにおいてのプロジェクションマッピング

月とクラゲのいやし

水族館2階にある「クラゲゾーン」にも映像コンテンツがあります。「コミュニケーションウォール」に新設された参加型展示の「クラゲのワルツ」では、幅10メートルの壁面に映し出されるカラージェリーフィッシュに"タッチ"すると、7色の色鮮やかな色に変化する過程が体験できます。また、「月」をテーマに空間演出を施した「月とクラゲのいやし」では、月の光に照らされたクラゲたちが優雅に宙を舞い、空間全体で様々なクラゲに包み込まれる幻想的な世界が堪能できます。

「月とクラゲのいやし」のイメージ。(当日配布された資料より。)

仙台うみの杜水族館の月とクラゲのいやし

クラゲゾーンに展示されていた幻想的な世界

仙台うみの杜水族館のクラゲゾーン

まとめ

今まであまり体験したことのない、映像と本物の生きものたちのコラボレーションは、正に新しい驚きの連続でした。

百聞は一見にしかずとはいいますが、これから夏休みの時期を迎えます。ぜひ、皆様も仙台うみの杜水族館に足を運び、新感覚の体験をなさってみてはいかがでしょうか。

おまけ

仙台うみの杜水族館のちょっとした写真を掲載します。

入口にあるウェルカムホールを抜けると、そこには「マボヤのもり」があります。海のパイナップルとも称され、宮城の地場産品としても有名なホヤ。ホヤが展示されているのも宮城の水族館だからこそですね。

仙台うみの杜水族館に展示されるマボヤのもり

みんな大好き!イロワケイルカ。元気に泳いでいました。

仙台うみの杜水族館で飼育されるイロワケイルカ

水族館に設置される「うみの杜スタジアム」では、一日に数回イルカとアシカのパフォーマンスショーが楽しめます。

仙台うみの杜水族館に設置されるうみの杜スタジアム

愛嬌のあるペンギン。どこか疲れています。(ただ暑いだけだとは思いますが・・・。)

仙台うみの杜水族館で飼育されるペンギン

仙台うみの杜水族館の最寄り駅はJR仙石線「中野栄駅」。中野栄駅からは無料シャトルバスが運行しており、水族館までは直通で約10分程です。シャトルバスのデザインも遊び心に溢れています。

仙台うみの杜水族館の無料シャトルバス

無料シャトルバスの側面。ペンギンの胴体が描かれています。

仙台うみの杜水族館の無料シャトルバス(側面)

無料シャトルバスの車内。水族館の仲間たちで賑やかです。あれ?ふなっしーも?

仙台うみの杜水族館の無料シャトルバス(車内)

最後までお読みいただきありがとうございました。