鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

はてなブログでお名前.comのドメインをwwwなし301リダイレクトする方法

先日、URLを分かりやすく楽に入力するためにも、「はてなブログでお名前.comのドメインをwwwなしで転送する方法」と題して、お名前.comでのURL転送設定手順についてご紹介しました。

しかしながら設定したのはいいものの、その後いくつか気になることも出てきました。今回は、その件について話をしてみたいと思います。

気になってきた問題点

気になってきた問題点。それは、転送の種類とWordPress時代のURLで記事をブックマークされている読者様に対してのことです。以下、ご説明します。

転送種類の問題

お名前.comでURL転送を設定し、安心したのも束の間。大変なことに気づきました。それは、お名前.comでの転送種類は301リダイレクトではなく302リダイレクトだったこと。

このことはGoogleのSEO(検索の最適化)に影響を与えてしまいかねない大事件を意味します。なぜならば、Web上では302リダイレクトはあくまで「一時的な転送」と認識され、「また元のページに戻るかもしれないので余りいい評価は与えないよ!」というものになってしまうからです。

自身の分身ともいえる大事なブログが、転送方法の違いだけでこのように評価されてしまうのではたまったものではありません。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

  • 301リダイレクト 恒久的な転送
  • 302リダイレクト 一時的な転送

support.google.com

過去にwww無しでブックマークされている読者様への問題

もう一つの気になる点は以前からの読者様に対してのものです。自身は以前、WordPressでブログを運用していました。当時はwww無しのURLでしたので、当然のことながら読者様のブックマークもすべてwww無しのURLになっています。しかし、はてなブログ移行に伴いURLがwww有りに変更となりました。するとどうなるか。お名前.comでの転送設定では、www有りで転送されても個別記事までは転送されず(注:個別記事のURLはwww以外変更していないにも関わらずです。)、あくまでトップページへの転送となってしまうのです。これは読者様にとって大変なご迷惑になります。その為、当時のwww無しURLでも現在の個別記事に転送ができるようにしたいと思うようになりました。

改善したいことのまとめ

以上のことを踏まえ、改善したい点を改めてまとめてみます。

  • リダイレクトの種類を301にしたい。
  • www有りのURLに転送する際、トップページだけではなく個別記事にも転送したい。

上記のほか、自身はお名前.comに登録したばっかりだったので、

  • お名前.comで取得したドメインをそのまま使用したい。

という条件も付け加えました。

結果、試行錯誤しながらも、ようやく満足いく方法を見つけましたのでご紹介いたします。

お名前.comのドメインをVALUE-DOMAINのサーバー経由で転送する

転送方法についていろいろと調べてみたところ、リダイレクトを301にするには「.htaccess」というファイルを作成して必要な情報を記述し、サーバーに置かなくてはいけないことが分かりました。

その事を知ったときには正直に無理だと思いました。なぜならば、サーバーを借りるには費用が発生してしまうと頭ごなしに思っていたからです。

しかし、解決策はありました。世の中には便利な無料で借りられるサーバーというものが存在していたのです。

VALUE-DOMAINとXREAサーバーに会員登録

VALUE-DOMAINはドメインと無料サーバー「XREA」を提供している会社です。お名前.comのドメインを最終的にwww無しのURLからwww有りのURLへ301リダイレクトさせるのなら、VALUE-DOMAINとXREAサーバーにそれぞれ会員登録をしてサービスを連携させる必要があります。(今更ですが、同じドメインを扱っているのなら、最初からVALUE-DOMAINでドメインを取得した方が楽だったかもしれません。少しお名前.comよりは金額が高いですが・・・。)

お名前.comにVALUE-DOMAINのネームサーバー名を登録

ここからは、VALUE-DOMAINの会員登録までは済ませているものとして話を進めます。

最初に、お名前.comのドメインをVALUE-DOMAIN側に転送して利用できるよう、お名前.comのネームサーバーに対してVALUE-DOMAINのネームサーバー情報を登録します。

お名前.comにログインして「ドメイン一覧」タブを選択します。

お名前.comドメインNavi画面のドメイン一覧タブ

ドメイン一覧タブを開いたら、「ネームサーバー」ボタンをクリックします。

お名前.comのドメイン一覧画面

ネームサーバーボタンをクリックしたら、「他のネームサーバーを利用」タブを選択します。

お名前.comの他のネームサーバーを利用タブ

他のネームサーバーを利用ボタンを選択したら、「ネームサーバー情報」に下記の情報を入力します。

なお、自身の場合ですが、VALUE-DOMAINの案内どおりプライマリネームサーバー1つとセカンダリネームサーバー4つ全てを記載したところ、情報がうまく反映されませんでした。結果的に3つだけ記載してみたところ情報がうまく反映されました。(何故なのでしょう。知識が乏しいため、技術的なことは残念ながら分かりません。)

お名前.comのネームサーバー変更画面

1 プライマリネームサーバー ns1.value-domain.com
2 セカンダリネームサーバー ns2.value-domain.com
3 セカンダリネームサーバー ns3.value-domain.com
※全て小文字で入力しました。

VALUE-DOMAINのネームサーバーに関する情報はこちらをご覧ください。 www.value-domain.com

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバーを利用登録

お名前.comにVALUE-DOMAINのネームサーバー情報を登録したら、次はVALUE-DOMAIN側の設定です。お名前.comで取得したドメインをVALUE-DOMAINで利用できるようにします。

最初に、VALUE-DOMAINの無料ネームサーバーへお名前.comで取得したドメインを登録します。VALUE-DOMAINのコントロールパネルから「無料ネームサーバー」を選択します。

VALUE-DOMAINのコントロールパネル

続いて、「無料ネームサーバーの作成」を選択します。

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバートップ画面(無料ネームサーバーの作成)

お名前.comで取得したドメイン(wwwは不要)を入力して登録ボタンを押します。

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバー作成画面

これでVALUE-DOMAINの無料ネームサーバーが利用できる準備が整いました。

VALUE-DOMAINのXREAサーバーを利用登録

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバーを登録したら、次はXREAサーバーの利用登録です。XREAサーバーはVALUE-DOMAINのトップページ上「サーバー」の項目から利用登録をすることができます。

VALUE-DOMAINトップページのサーバータブ

今回のサーバー利用登録は、お名前.comで取得したドメインをwww無しからwww有りのURLへ301リダイレクトさせるため、「.htaccess」ファイルをサーバーに置くことのみを目的としています。その為、サーバーの容量は少なくても全く問題はありません。自身は無料プランの「XREA Free」を選択しました。

VALUE-DOMAINのXREAサーバートップ画面

サーバーの利用登録が完了したら、サーバーのIPアドレスをメモしておいてください。後ほどの設定で必要になります。

VALUE-DOMAINのXREA管理・購入画面

VALUE-DOMAIN無料ネームサーバーの設定手順

XREAサーバーに利用登録をしたら、先程登録した無料ネームサーバーの設定に戻ります。「ドメインのDNS設定」を選択してください。

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバートップ画面(ドメインのDNS設定)

ドメインのDNS設定画面から「dns編集」を選択します。

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバー画面(ドメインのDNS設定)

サーバーのDNSを下記のとおり入力します。

cname www hatenablog.com.  
a * ○○○.○○.○.○○○(○はサーバーのIPアドレス)

意味としては、

一行目は、はてなブログで独自ドメインを設定する際に指定されている文言を記載します。comの後のドットを忘れずに入力してください。

help.hatenablog.com

二行目は、www無しでURLが入力された際、一度XREAサーバーへ情報を転送するコードです。後ほど、「.htaccess」を設定してサーバー側からwww有りのURLへ301リダイレクトできるようにします。

「当サービス内サーバーの自動DNS設定」はそのままで結構です。(ちょっとした技として、当サービス内サーバーの自動DNS設定で自身のサーバーを選択するとIPアドレスが窓枠に表示されます。サーバーのIPアドレスをメモし忘れたといった時に便利です。)

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバー画面(自ドメインのDNS設定上部)

「他社サービスの自動DNS設定」や「TTL(キャッシュする時間)」は何もせずにそのままの設定で構いません。

VALUE-DOMAINの無料ネームサーバー画面(自ドメインのDNS設定下部)

XREAサーバーウェブコントロールパネルの設定

無料ネームサーバーの設定が終わりましたら、先程XREAサーバーのIPアドレスをメモした「XREAの管理・購入」画面に戻り、XREAサーバーにドメイン情報を入力します。新コントロールパネル下の「ウェブ」をクリックします。

VALUE-DOMAINのXREA管理・購入画面(ウェブ)

左欄に表示されているメニューから「マイドメイン利用」を選択してドメイン情報入力画面にします。Mainの欄にご自身のドメインをwww無しで入力してください。入力したらその他はデフォルトで良いので「ドメイン設定」ボタンで登録を完了します。

VALUE-DOMAINのXREAサーバードメイン情報入力画面

XREAサーバーファイルマネージャから.htaccessファイルを登録

ここまで準備ができたら設定はあと僅か。いよいよwww無しからwww有りのURLへ301リダイレクトさせるための.htaccessファイルの作成です。

先程のウェブコントロールパネル左欄に表示されているメニューから「ファイルマネージャ」を選択してファイルマネージャにログインします。

VALUE-DOMAINのXREAサーバーファイルマネージャログイン画面

ファイルマネージャ画面です。「public_html」フォルダを選択します。

VALUE-DOMAINのXREAサーバーファイルマネージャ画面(root)

ファイル作成を選択します。(画像にはすでに「.htaccess」ファイルが表示されていますが、こちらは作成後のものですので気にしないでください。)

VALUE-DOMAINのXREAサーバーファイルマネージャ画面(public.html)

以下の情報を入力します。

VALUE-DOMAINのXREAサーバーファイルマネージャ画面(.htaccess作成)

新規ファイル名

  • .htaccess

文字コード

  • EUC-JP

ファイルの中身(○○○.○○の部分には、ご自身のURLを入力)

RewriteEngine on  
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^○○○\.○○  
RewriteRule ^(.*)$ http://www.○○○.○○/$1 [R=301,L]

意味としては、

一行目は、リライト機能をonにします。
二行目は、リライトのルールを適用する条件を入力します。(この場合は「wwwが無いURLを入力された場合には」となります。)
三行目は、リライトのルール入力します。(この場合は「www有りのURLへ301リダイレクトで転送しなさい」となります。)

.htaccessファイル中身の設定には「WEB担当者の備忘録」様の記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。

liapoc.com

以上で全ての設定が完了です。設定がサーバーに反映されるまで暫く時間がかかるようですが、もし、一日以上も設定した内容が反映されていないようであれば、再度確認をしてみてください。

まとめ

お名前.comで取得したドメインを、何とかしてwww無しからwww有りのURLへ301リダイレクトしたい!

そう思うようになってから、頭の中はこの事だけでした。

試行錯誤を繰り返しながらも、何とかこの方法で301リダイレクトをすることに成功しました。内容が少し複雑になってしまいましたが、皆様も問題なく設定できることをお祈りしています。

(それにしても、WEBに詳しい諸先輩方なら簡単に設定できそうなものですが、自身のような素人には荷が重すぎました。)

最後までお読みいただきありがとうございました。