鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

年会費永年無料でご招待!「エポスゴールドカード」が届きました。

以前、エポスカードに入会したことをお伝えしました。その際に「真面目に使っていればゴールドカードへのインビテーションがあるようです。」と、ひとりごとを発した訳ですが、この度、無事にゴールドカードへの招待を受け、待望の新しいカードが到着しましたので、そのいきさつについてご紹介したいと思います。

エポスカードについて

エポスカードはランクに分けて、それぞれ年会費が無料のものから有料のものまで設定されています。ここで少しおさらいをしておきましょう。

エポスカードの種類

エポスカードには大きく分けて下記3種類のカードが存在します。

  • エポスカード
  • エポスゴールドカード
  • エポスプラチナカード

以下、エポスカードは一般カード、エポスゴールドカードはゴールドカード、エポスプラチナカードはプラチナカードと記載します。

エポスカードの年会費

エポスカードの年会費はそれぞれ、一般カードは無料、ゴールドカードは5,000円、プラチナカードは20,000円となっています。

エポスカードの入会方法

エポスカードの入会方法については、一般カードとゴールドカードはエポスカードのホームページから直接申し込みをすることができます。一方、プラチナカードについては注意が必要で、直接ホームページから申し込みをすることができません。入会するにはゴールドカードを取得してから、その利用実績を見られての招待制となっています。

ゴールドカードへの招待を待つ理由とは

さらっとエポスカードの種類を説明したところで本題です。

先程ゴールドカードもエポスカードのホームページから直接入会申込みができるとお伝えしました。ここで直ぐにでもゴールドカードを手に入れたいと思うのであれば、直接ホームページから申し込んでしまうことも可能です。審査さえクリアされれば直ぐにでもお手元に届きますから。

しかし、自身はそうせず、あえて招待を待ちました。そこには、自身なりの目論見があったからです。

で、その目論見とは?

その前に、なぜゴールドカードへの招待を躍起になって待とうとしているのかについて述べておかねばなりません。

招待を待つ最大のメリット。それはゴールドカードの年会費が永年無料になるからです。

無料でゴールドカードを所有できるなんてありがたいですよね。他に無料でゴールドカードを所有できるのはイオンカードとセブンカードくらいしか知りません。

では以下、具体的に招待を待つ理由を含め、取得方法についてご説明します。

ゴールドカードへの招待を受ける方法

それでは、あくまで自身が行った方法とはなりますが、気になる招待を受ける方法についてご説明していきます。

その方法とは支払いはエポスカードに集中させることです。

おい、当たり前じゃないか。そうツッコミが入って来そうです・・・。が、自身にはある目論見がありました。

それは年間50万円まで利用して様子を見てみようというもの。

確証は持てませんが、おそらくその位の金額を年間で利用すればゴールドカードのご招待が受けられるのではないかと思ったわけです。

その理由とは、エポスカードのホームページに記載されているゴールドカード年会費のこの部分。

エポスカード公式ホームページよりゴールドカード案内ページ

ご確認いただけましたか?確かに案内ページにはこう記載されているのです。

通常年会費5,000円
年間ご利用金額50万円以上で翌年以降年会費永年無料

※エポスカード公式ホームページより転載。

直接、エポスカードのホームページから年会費有料でゴールドカードを申し込んだ場合でも、年間で50万円の利用があれば翌年以降は年会費が永年無料と記載されているのです。

このようなことが明確になっている以上、招待も同額くらいの利用があれば受けられるのではないかと目論見を立てました。

しかも、ここで先程の招待を待つ理由というのがようやく出てきます。

それは、「翌年以降年会費永年無料」とされている部分。あくまで年会費は翌年からの永年無料です。招待の場合、一般カードは年会費無料ですので年会費はゴールドカードへの切り替えを含め一切発生しません。

また、「年間ご利用金額50万円以上」という部分にも待つ理由があるかもしれません。と、いうのも、インターネットで諸先輩方のゴールドカード取得記事を読んでいると、希に年間50万円利用しなくても招待が受けられたという報告があるのです。

もしかして、費用が一切かからずに年間50万円利用しなくてもゴールドカードへの招待が受けられるんじゃないか?

そう思ったわけです。

思ったら善は急げ。早速行動に移してみました。

実際の利用金額を大公開

それでは、実際に目論見どおり年間利用額50万円でゴールドカードへの招待状が来たのでしょうか。招待状が来た時点での利用金額をエポスカード会員ページより見てみましょう。

エポスカード公式ホームページより利用履歴

結果は予想外な結果に・・・。

2016年11月から支払いを開始し、2017年5月までの合計利用額は445,976円。何と50万円を利用せずともご招待をいただけたのです。

ご招待の第一報はメールできました。

メールで届いたエポスゴールドカード特別ご招待の案内

メールでの第一報の後に封書でもきました。

郵送で届いたエポスゴールドカード特別ご招待状

案内を開くとこのような感じになっています。

郵送で届いたエポスゴールドカード特別ご招待状の中身

ゴールドカードへの切り替え手続きは、招待メールからリンクをたどると簡単にできます。

エポスゴールドカード特別ご招待の申込みページ

ゴールドカードに切り替えるとカード番号が変更になるようです。

エポスゴールドカード特別ご招待の申込みページ(規約同意画面)

まとめ

結論からいうと、ゴールドカードへの招待は年間50万円の利用がなくても受けることができました。

自身としては、期待はしつつも「正直50万円以下の利用では招待は来ないだろう」と思っていただけに、良い意味で期待を裏切ってくれたことになりました。

今回の記事は、少し実験的な意味合いもありましたが、今後エポスゴールドカードの取得を目指す皆様のお役に立てれば幸いです。

あっ、今頃気づきましたが、ゴールドカードとプラチナ会員はエポスポイントからANAやJALへマイル交換の際、交換レートが優遇されているんですね。1,000ポイント=600マイル(通常500マイル)やったぁ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

届いたエポスゴールドカード