鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

寝台特急北斗星に乗車して。A寝台個室ロイヤル

さあ、いよいよ北斗星へ乗り込みます。今回お世話になるのは奇跡的にも取れたA寝台ロイヤルで、9号車の1番個室です。今回の編成では9号車は「オロハネ25 503」でした。

自身の人生と同じ年月を歩む車両

乗車中にこの車両について調べてみたところ、元々は「オハネ25 30」と呼ばれていた車両で、昭和63年に改造され今に至ることを知りました。新規製造は昭和49年3月、この年月を見たとき衝撃が走りました。

個人的な話で全く恐縮なのですが、実はこの車両、新規製造年月が自身の誕生年月と全く同じだったのです。自身の人生と同じ年月を歩んできた車両に乗車していることを知り、とても胸が熱くなりました。

北斗星9号車オロハネ25 503の銘板

9号車車内

9号車のデッキから見る個室入口です。A寝台は自動ドアになっています。

北斗星9号車の時代を感じさせる自動ドアの色合い

1番個室です。ドアは最初ロックされていませんので個室には直ぐに入れます。後ほど車掌さんが検札に来た際に、ドアロック用のカードキーをいただけました。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤルのドア

A寝台個室ロイヤル

いよいよ部屋に入ります。憧れの北斗星、胸が高鳴ります。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤル室内

デスク周り

今回はデスク周りをご紹介します。ロイヤルには大きなソファーとデスクが備わっています。デスクには照明が備わっており、PCを使用したり、書類を整理したりと、ちょっとした作業なら充分できそうです。デスクの上には個室の案内と、JR北海道の情報誌「THE JR Hokkaido」が置いてありました。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤルのデスク周り

液晶テレビ・インターホン

デスクの上を見上げると、液晶テレビ(以前はブラウン管のテレビだったようです。)とルームサービスの際に使用できる食堂車グランシャリオ直通のインターホンが備わっています。結果的にルームサービスは利用しておりませんが、このインターホンで通話をしてみたかったという思いは今でもあります。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤルのインターホンと液晶テレビ

嬉しいウェルカムドリンク

上野駅を発車してから暫くすると、ロイヤル乗車客だけの特権でもある、「ウェルカムドリンク」のルームサービスがあります。ミネラルウォーターとお茶、ウイスキーにワインと盛りだくさんです。とても自身にとっては飲みきれない量ですが、とても嬉しく、見ているだけで幸せな気分になれます。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤルのウェルカムドリンク一式

それでは幸せな気分のまま、少し時間を過ごしてみたいと思います。

北斗星9号車A寝台個室ロイヤルの照明とウェルカムドリンク一式

次回に続きます。