鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

セガを好きになって ~CHAMPION TENNIS~

業務用ビデオゲーム黎明期から現在に至るまで名作を世に送り続けているセガ。家庭用ビデオゲーム参入とともに、多くの業務用ビデオゲームが家庭用に移植され、大いにユーザーを楽しませてくれました。今回は、家庭用ビデオゲームのオリジナル作品「CHAMPION TENNIS(チャンピオン テニス)」をご紹介します。

今回ご紹介するソフト

今回ご紹介するのは、製品番号G-1009「CHAMPION TENNIS(チャンピオン テニス)」です。

ゲーム概要

斜め上からコート全体を見下ろすタイプのシンプルなテニスゲームです。

対応機種

セガ SC-3000シリーズ SG-1000シリーズ

パッケージ

外箱、説明書、カートリッジをご紹介します。

外箱

CHAMPION TENNIS外箱(表面)です。テニスの躍動感が伝わってくるイラストです。

チャンピオンテニスの外箱(表面)

CHAMPION TENNIS外箱(裏面)です。ゲーム画面とあそび方が記されています。

チャンピオンテニスの外箱(裏面)

CHAMPION TENNIS外箱(上面)です。カートリッジを上から入れるタイプです。

チャンピオンテニスの外箱(上面)

CHAMPION TENNIS外箱(側面)です。側面にはゲームタイトルと型番が記載されています。

チャンピオンテニスの外箱(側面)

説明書

CHAMPION TENNIS説明書です。セガの説明書はフォーマットが統一されています。この説明書、縦長のため半分で折られて箱に封入されていました。

チャンピオンテニスの説明書

カートリッジ

CHAMPION TENNISカートリッジです。外箱と同じイラストが描かれています。

チャンピオンテニスのカートリッジ

ゲーム画像

SG-1000Ⅱから出力した画像をご紹介します。

タイトル画面

ブラックをベースとした全体的にシックなタイトル画面です。音楽はありません。

チャンピオンテニスのタイトル画面

ゲーム画面

ゲーム画面は至ってシンプル。キャラクターが動くだけの半固定画面です。ゲームは1セット=6ゲームを先取した方が勝ち。4ポイント(15-30-40)で1ゲームを取ることができます。ちなみに40対40になるとデュースになり、この場合は先に2ポイントを取った方が勝ちとなります。チェンジ・コートは1,3,5,7,9と奇数のゲームが終了するたびに行われます。

操作は非常に簡単。サービスを打つときはキャラクターの位置を決め、コントロールパッドのボタンをポチッと押すだけ。相手からの打球はキャラクターがボールに近づけば自動で返球してくれます。ちょっとしたテクニックとして、前方対前方でボレーでラリーをしている際にボタンを押すと、ロビング・ボール(相手の頭を越すショット)が打つことができ、逆に、後方対後方でラリーをしている際にボタンを押すと、相手のコートのネット際にボールを落とすことができます。これらのテクニックを駆使して試合に挑みましょう。

自身はプレイヤーAです。さあ、ゲーム開始です。

チャンピオンテニスのゲーム画面(ゲーム開始)

相手からのサーブ待ち。1とPLAYの間にある点がボールです。この時点で4ゲーム取られています。

チャンピオンテニスのゲーム画面(ゲーム中盤)

おおっと、ストレートで負けてしまいました。弱すぎ!!

チャンピオンテニスのゲーム画面(ゲーム終了)

まとめ

先述しましたが本当にシンプルなテニスゲームです。が故に難しい一面も。キャラクターを動かすだけのゲームなので、如何に返球に合わせて操作するかが肝となりますが、これが以外と反射神経が必要だったりします。ロビング・ボールやネット際にボールを落とすテクニックもタイミングを合わせるのにコツが必要で、中々上手く使えません。昔のゲームにありがちなシンプルなのに難しい。例外なくこのゲームもそういえるのではないでしょうか。

動画もどうぞ!

CHAMPION TENNISタイトル画面は動画でもご覧いただけます。

youtu.be