鉄道とクレジットカードのある風景

タイトルとは裏腹に基本雑記ブログです。

2018 SFC 修行記 第一回目(1月) 〜仙台へ帰還編〜

ホテル周辺の散策を終え、23時前には自室に戻って来た自身。本当はゆっくりと寝るつもりだったのですが、何しろ今日は修行開始の初日という思い出に残る日。気持ちが高揚しているせいか中々寝付けません。もう、こうなればと自然に眠くなるまで待つことにしました。せっかくなので、この眠くなるまでの時間を有効に使おうと、友人や、今回SFC修行を始めるきっかけとなったブログ「ANAとマイルのパパじゃない」でご活躍のテラヤマアニ様に修行開始の報告と御礼をすることにしました。

SFC修行をするに至ったきっかけ

そもそも自身がANAのマイルに興味を持ったきっかけ。それは冒頭で記載したテラヤマアニ様のブログを偶然にも知ったことから始まります。

kowagari.hateblo.jp

このブログの存在は自身にとって、まさに衝撃的なものでした。何故なら、マイルを獲得するのに必要な情報が惜しげも無く記事として公開されていたからです。その存在を知ってからはもう、何度も何度も記事を読み返しました。その甲斐もあってか、ANAマイルというものは、ポイントサイトとソラチカルートを活用して獲得するということを知り、今ではSFC修行の全費用を全てマイルで補えるまでとなりました。

今思えば、このブログを知ったのが2015年の秋。ソラチカルートの全盛期といっても過言ではないこの時期に、それらの貴重な記事に出会い、そのとおり実践してきたからこそ、今こうして修行できる自身がいるのだと思います。大袈裟かもしれませんが、本当にテラヤマアニさまには感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。

テラヤマアニ様への御礼ツイート

ホテル出発

そんな夜を過ごしながら、早く寝なくては(明日が辛くなる)と無理矢理目を瞑っていましたが、結局は熟睡できず。とうとう朝を迎えてしまいました。どうやら寝ながらまでも?気持ちが高ぶっていたようです。

少し目を覚まそうと、浴場に行きシャワーを浴びます。その後、気持ちを整えいざ出発。ホテルを出て、初めての大阪で朝の雰囲気を味わいました。

あ〜、清々しい。初めて訪れる土地っていいですよね。何もかもが新鮮で。特に朝の雰囲気が好き。

大阪モノレールの蛍池駅

忙しく出勤するサラリーマンを横目に大阪モノレールの蛍池駅へと向かいます。

実は昨日、道のりがイマイチ分からなかったために、ホテルまではGoogle mapを見ながら歩いて来ていました。(自身は相当な方向オンチなのです。)しかし、昨夜の散策で大阪モノレールの隣駅が大阪空港駅ということを知り、それだったらと、今日は大阪モノレールに乗って空港まで戻ってみることにしたのです。

阪急電鉄の蛍池駅

移動中、踏切から阪急電鉄蛍池駅のホームが見えました。写真は9時前に撮影したもの。まだ朝の忙しい時間帯で電車の行き来もひっきりなしです。

大阪モノレールで

大阪モノレールの駅構内に入りました。入ってみての感想はというと、率直に言えばとにかくオシャレ。大都市ではこれが当たり前なのかもしれませんが、地方から来た者にとっては一つ一つが新鮮です。

大阪モノレールの蛍池駅(ギャラリー)

大阪モノレールの駅がオシャレの件、Part1。駅構内にはギャラリーも。

大阪モノレールの蛍池駅(ホーム時刻表)

大阪モノレール蛍池駅ホームにある時刻表。大阪空港方面ゆきは10分おき位ずつ出ていました。

大阪モノレールの蛍池駅(ホーム端)

モノレールを待っている間、蛍池駅のホーム端から大都市を眺めてみました。今、改めて大阪にいることが実感できる瞬間です。

大阪モノレールの蛍池駅(軌道のつなぎ目)

ホームから軌道を見てみました。つなぎ目はこのようになっているんですね。

大阪モノレールの蛍池駅(駅名標)

記念に蛍池駅の駅名標を撮影。隣駅が大阪空港駅です。

大阪モノレールの大阪空港駅(車両)

蛍池駅から乗車して、ものの数分で大阪空港駅に到着しました。大阪モノレールは大阪空港駅から折り返し運転のため、自身が乗車した車両もすぐに行き先表示が新しい行き先へと変更されました。

大阪モノレールの大阪空港駅(大阪国際空港方面)

大阪空港駅から見た大阪国際空港(以下、伊丹空港)

大阪モノレールの大阪空港駅(休憩スペース)

大阪モノレールの駅がオシャレの件、Part2。駅構内の休憩スペースもラウンジのようです。

大阪モノレールの大阪空港駅(連絡通路)

大阪空港駅と伊丹空港は連絡通路で結ばれていました。移動も楽々。

大阪国際空港(伊丹)で

朝に撮影した大阪国際空港

こちらは伊丹空港の朝の表情。昨夜撮影した夜の表情とはだいぶ雰囲気が違います。

大阪国際空港の551蓬莱(豚まん)

大阪に来たら、やはりコレでしょう。551の豚まん。美味しい。

大阪国際空港に駐機するC3-PO ANA JET

空港の窓から外を見てみると、運良くC3-PO ANA JETが。

大阪国際空港(伊丹)のANAラウンジ

大阪国際空港のANAラウンジ(中2階入口)

楽しみにしていた伊丹空港のANAラウンジに来てみました。中はどのようになっているのでしょう。

大阪国際空港のANAラウンジ(中2階受付カウンター)

入口から入ると、手前にSKY SHOPで販売されている商品のディスプレイ、奥にANAスイートラウンジ用の受付カウンターがあります。伊丹空港にはANAスイートラウンジとANAラウンジがあり、そのまま奥に進むとANAスイートラウンジ、階段を上がればANAラウンジとなります。

大阪国際空港のANAラウンジ(ラウンジの一部)

上の階のANAラウンジに来ました。ラウンジに入ってみての感想は、とにかく広い。この一言に尽きます。(仙台国際空港比ですが。)参考までに全体的な写真をと思ったのですが、流石は大阪。お客様で賑わっている為に断念。代わりに端の少し空いている場所を撮影してみました。

大阪国際空港のANAラウンジ(野菜ジュース類)

ここからはドリンクコーナーのご紹介です。まずは野菜ジュース類とミルク。

大阪国際空港のANAラウンジ(ドリンクコーナー)

ドリンクコーナーの全体図。

大阪国際空港のANAラウンジ(ビールサーバー)

ビールサーバーは2種類ありました。アサヒ「スーパードライ」とキリン「一番しぼり」。好きな方を選べるのは嬉しいですね。

大阪国際空港のANAラウンジ(青汁)

伊丹空港には青汁もありました。しかもキューサイさんの。飲んでみようかな。まず~いって。(笑)

大阪国際空港のANAラウンジ(ソフトドリンク)

こちらはソフトドリンクの機械。ちょっと写真の色が飛んでしまいましたね。見づらくて申し訳ありません。

大阪国際空港のANAラウンジ(焼酎)

アルコールはビール以外にも用意されています。こちらは焼酎。

大阪国際空港のANAラウンジ(ウイスキー)

そしてウイスキー。

大阪国際空港のANAラウンジ(コーヒーマシン)

コーヒーマシンは2種類ありました。こちらは仙台国際空港と同じタイプのもの。

大阪国際空港のANAラウンジ(コーヒーマシン別機種)

一方、こちらのコーヒーマシンは初めて見るタイプのものでした。

春まで工事中の大阪国際空港(伊丹)

大阪国際空港(搭乗口までの通路)

出発の時間が近くなりましたので、ラウンジに別れを告げて搭乗口まで向かいます。

大阪国際空港(仮で設置された通路)

伊丹空港は絶賛工事中。仮で設置された通路を進みます。

ANA765便で

大阪国際空港に駐機中のANA765便(平成30年1月19日)

搭乗口付近では沖縄行きのANA765便が見えました。

大阪国際空港の11番搭乗口

搭乗口で行き先を確認してから、

ANA765便へ搭乗(平成30年1月19日)

ANA765便に乗り込みます。

ANA765便のプレミアムクラスシート(平成30年1月19日)

この便でお世話になるのはこちらの席。3Hです。

ANA765便のプレミアムクラス(平成30年1月19日)

自席から正面を撮影。モニターに映っているのはマナー啓発のビデオ。このビデオってレアじゃありませんか?あまり放映されているところを見たことがありません。

ANA765便のPremium GOZEN(平成30年1月19日)

今回の機内食はこちら。栗ご飯とおかずの数々。

那覇空港で

那覇空港出入口からの眺め(平成30年1月19日)

飛行機に乗っていると、あっという間ですね。沖縄に到着しました。この日は滑走路が混雑していたために到着が遅れ、乗り継ぎ時間が30分もありませんでした。気分だけでもと、空港の出入口から一旦外に出て沖縄の空気を吸ってから、

那覇空港のANAラウンジ(平成30年1月19日)

急いで建物内に戻り、保安検査を終わらせます。ここ、那覇空港でもANAラウンジには一瞬だけ入ろうかなと思いましたが、結局時間が無いために断念。入口だけ撮影して楽しみは次回にとっておくことにしました。

那覇空港の34番搭乗口(平成30年1月19日)

そのままダッシュで34番搭乗口まで向かいます。

ANA1864便で

那覇空港内から見たANA1864便(平成30年1月19日)

空港の窓からは仙台行きのANA1864便が見えました。

ANA1864便へ搭乗(平成30年1月19日)

息を切らしながらANA1864便に乗り込みます。

ANA1864便から見た雨の那覇空港(平成30年1月19日)

少し落ち着き、機内の窓から外を見てみると、ご覧のとおりひどい雨。

ANA1864便から見た厚い雲(平成30年1月19日)

飛行機は定刻で出発しました。離陸し、厚い雲の中を突き進みます。

ANA1864便から見た果てしなく続く雲海(平成30年1月19日)

雲を突き抜け雲上の世界へ。雲海とは正にこの事かと思いました。

ANA1864便のPremium SABO(平成30年1月19日)

ANA1864便は14時出発のため、機内食は軽めのものになります。メイン料理はビーフストロガノフ。

ANA1864便のホタテの雑炊(平成30年1月19日)

機内食だけでは物足りない為、軽食もいただいてしまいました。こちらはホタテの雑炊。

ANA1864便から見た夕方の仙台国際空港上空付近(平成30年1月19日)

長いようで短かった第一回目のSFC修行も終わりへと近づいてきます。ただいま、仙台国際空港。間もなく着陸です。

ANA1864便のプレミアムクラスシート(平成30年1月19日)

無事に着陸し、降機の準備をします。2Aだった自席に感謝して。

2018 SFC修行 第一回目 まとめ

とんだアクシデントから始まった自身のSFC修行。ようやく始まりの第一歩を踏み出すことができました。夜勤明けから修行に突入してしまった今回の行程。体はとても疲れているのですが、気持ちは何故か充実しています。

今後暫くSFC修行が続きますが、これからどのような感動体験が待っているのか。今から第二回目の修行がとても楽しみです。ブログの更新はとても遅いですが、修行の様子は随時アップしていきますので、今後とも末永くお付き合いいただければ幸いです。

夕暮れ時の仙台国際空港(平成30年1月19日)

ありがとう、仙台国際空港。また近いうちにね。

現在のプレミアムポイント

ANAのMileageアプリ画面(SFC修行第一回目)

仙台国際空港から伊丹空港までのプレミアムポイントが付与されていました。明日の朝になれば、今回の全行程分である6,862プレミアムポイントになっているはずです。

ポイントが徐々に増えていく。こちらの画面も楽しみで仕方ありません。